• 大統領選挙

    • 来年2016年は、アメリカで4年に一度の大統領選挙があります。
      アメリカの民主党(と日本の小浜市...笑)が熱狂に包まれた2008年度選挙でオバマ氏が当選してから、早くも8年経つのですね。

      Trump-Apprentice-570x320.jpgのサムネール画像来年度の大統領選挙のプレ候補者で、現在一番注目を浴びているのは恐らく共和党から出馬を予定しているドナルド・トランプ氏。 
      移民問題や女性蔑視とも受け取れる爆弾発言が、日本でも何かとメディアに取り上げられていますね。
      昔放映されていた「アプレンティス」という、トランプ氏の経営する莫大な不動産や投資の会社で横並びからスタートした参加者が勝ち抜きバトルで氏の会社に雇用されるまでの下克上風リアリティテレビ番組では、プロデューサーと進行ホストを務め、毎回番組終了時に参加者の一人を除去する際の、「You're fired!(オマエはクビだ!)」の決め台詞がヒットとなりました。


      そんなニューヨークの大実業家に対抗して出馬の意向を示しているのが、ケンタッキー州にある人口315人の小さなラビットハッシュという町の町長である、ルーシー・ルー氏。 
      大変似通った名前の中国系アメリカ人女優さんがいますが、こちらのルー氏の「品種」はボーダーコリーです。
      犬と言ってもラビットハッシュ町長さんとして2008年から政界入りして7年を迎えました。
      ルー氏は正式に大統領選挙への立候補準備に入るため、9月5日に町長を辞任するようです。

      アメリカでは、Act IIという民権法をクリアすると動物でも大統領選挙に立候補できるそうで、以前にもブタや犬が立候補に上がったことがありました。
      現に、ルー氏と同州のケンタッキー州からはリンバーバット・マッカビンス氏という猫が共和党から立候補しています。(但し、ケンタッキー州がマッカビンス氏を候補として認めるかどうかは、かなり保守的なケンタッキー州法によります)

      この二氏が実際に党から指名が取れたら、一体どんな討議になるのでしょうね。
      一年後が楽しみです。


              ルーシー・ルー氏(左)とリンバーバット・マッカビンス氏(右)

      Lucy.jpgのサムネール画像Lumber.jpg



    • トラックバック(0)

      トラックバックURL: http://www.medical-abroad.us/mt/mt-tb.cgi/199

    • コメントする


      Insert Emoddy tag