• アメリカらしさ


    • 8月に入りました。
      AMIコース24週間のうち、半分の12週間はMedical Surgical Nursing(内科外科)
      Medical Surgical NursingはNCLEXで出題が70%近くを占める上に、身体の上下を内外ですから学ぶ量が膨大で、内分泌や心臓、呼吸器官以外はほぼ2日毎に教科が変わります。

      AMIには色々な医療ポスターがあり、その時々の教科に合ったポスターを貼っているのですが、内分泌と呼吸器官に入ると必ず熱い視線を集めるモデルがいます。  
      彼には特に名はないようですが、貼りだされた途端に俄然目を引き、「凄い」、「さすが!」と感嘆の声が上がることしきり...。 

      勿体ぶる程でもないので、その注目のモデルをご紹介しましょう。
                      名付けてMr. Respiratory ↓

      SANY0129.JPGのサムネール画像        Mr. Endocrine ↓
      SANY0130.JPGのサムネール画像

      胸幅や厚さはいい意味で男らしい(?)のですが肩や二の腕はあまり筋肉質ではなさそうです。 

      頬のたるみや、Mr. Endocrineの彼に至ってはお腹もぽっこりとしていていますね...。



      アメリカの疾病対策予防センター(Centers for Disease Control and Prevention)、通称CDCの発表では、何とアメリカ人の約35%がObese(肥満)だそうです(

      http://www.cdc.gov/obesity/data/adult.html

      )。 

      世界保健機構WHOやCDCのObeseの定義は成人のボディマス指数が30%
      以上ということで、人口の30%以上がBMIも30%以上ということで、このモデルも「いかにもアメリカ人」な訳ですね。 
      言うまでもなく肥満は糖尿病、高血圧、果ては動脈硬化や心臓病の元。 
      このモデルがいずれはほっそりとした平均体重になるまで、NCLEXに出る心臓や循環器の質問数も多そうです...。 


    • トラックバック(0)

      トラックバックURL: http://www.medical-abroad.us/mt/mt-tb.cgi/179

    • コメントする


      Insert Emoddy tag