• ウィンターストーム

    • 例年と比べて降雨量が平均を大々的に下回っていたLAに、2月の最終週末、恵みの雨が降りました。

      通常LAの冬は雨季に当たるのですが、去年の7月から今までの降雨量の少なさは「干ばつレベル」で、フリーウェイの電光掲示板には、「深刻な干ばつです。 節水にご協力を」というメッセージがつい1周間前まで出ていた程です。(干ばつの影響かどうかはわかりませんが、これまで1ガロン25セントだった水の給水販売機の値段が、2月から30セントに値上がりました)


      r3.jpgのサムネール画像

      確かに恵みの雨ではありましたが、その規模たるや熱帯雨林のスコール並みでした...。
      2
      27日の夜中から1日に1インチ(約2.5センチ)以上が3日に渡って降り続き、3日間の降水量は11センチ。長年LAに住んでいると、「こういう冬、これまでにも何度かあったような...と思っていたのですが、11インチ以上が3日連続というのは、1877年以来の記録だそうですよ(http://www.nbclosangeles.com/news/)。 歴史的な記録を経験することができて、ラッキーだったような、違うような...

      水はけの悪いLAの道路は、場所によっては川状態となります。 そしてそこを車が無理やり通るとスプラッシュマウンテンの如く雨水が勢い良く跳ね上がり、乗っている方も、たまたま不幸にもその場を歩いていた方にも恐怖を与えます。

      rain 1.jpeg

      そしてもう一つ、LAでは意外に傘が売っているところがないのです。 たまに見つける折りたたみ式はすぐに壊れる!という事実から、備えあれば憂いなし。 傘はしっかりとしたものを持つことが必要です。


      雨の影響が心配された日曜日のアカデミー賞ですが、こちらは幸いにも雨が上がって無事にハリウッドセレブがレッドカーペットを闊歩することが出来ました。 
      肌寒いグレーの曇り空とは言え、土砂降りの天候が一転して、世界各国から集まって来た映画ファンも喜び、髪をキレイにセットして肩を出したドレス姿の女優さんも安心したことでしょう。

      アカデミー賞の授賞式が行われたハリウッドのドルビー・シアターは、AMIから地下鉄に乗って15分もあれば着いてしまう近距離なのですが、AMIの学生と同じ語学学校に通う人の中には、当日飛び込みで、アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットを遠方からながらも、見ることができたという、ラッキーな人もいたそうです。


       無造作にビニールに覆われたオスカー像は、何だかデパートのマネキンのようにも見えます...

      Covered-Oscars-statues-rest-under-a-tent-to-guard-against-rain-along-the-red-carpet-ahead-of-the-86th-Academy-Awards-in-Hollywood-California.png


















    • トラックバック(0)

      トラックバックURL: http://www.medical-abroad.us/mt/mt-tb.cgi/171

    • コメントする


      Insert Emoddy tag