2012年10月アーカイブ


    • 突然ですが、ビバリーヒルズはお金持ちの住む所で、世界中の超高級ブランドショップの集まる場所として有名なことは誰もが知るところです。

      そのビバリーヒルズの中でもロデオ・ドライブと言えば、シャネル、プラダ、ティファニー、カルチェなど、一流ブランドショップが目白押し。 
      バブル時代には日本人OLさんのご用達、最近では朝から大型バスで乗り付ける富豪中国人の団体観光客と、セレブでいつの時代にも大賑わいです。





      一軒の家の平均が2億円以上の豪邸に住むヒルズ族の皆様方は、吉野家で牛丼を食べたり(アメリカにもYoshinoya、あります)ユニ クロで洋服を買ったり(アメリカにもUniqlo、できました)はしないんだろうな~と思っていたら、数日前興味深いニュースを見つけました。


      ロデオ・ドライブに99セント・ストア!?

      http://www.nbclosangeles.com/news/local/99-Cents-Store-Beverly-Hills-Flagship-174033521.html




    • こんにちわ。 久しぶりの更新です。

      10月に入っても日中気温はまだまだ30度を超えていますが、だんだん陽が短くなり秋めいてきたLAです。

      今週より勉強家の新入生3名さんを迎えて、AMIも秋のセッションが始まりました。 
      生徒皆さんのNCLEX合格に向け、激励させて頂きます。


      今日はロサンゼルスの街の構成と、エスニック料理についてです。
      アメリカでは10年に一度、Censusという国勢調査を行っており、それによると2010年のLAの人口の約40%は外国生まれの移民となっていて(http://quickfacts.census.gov/qfd/states/06/0644000.html)、LAの街の至るところにタイ、中国、韓国、エチオピア、バングラディシュ、アルメニア、ベトナムといった民族コミュニティが分散しています。 

      LAダウンタウンにはリトル東京と呼ばれる日系コミュニティがあります。 
      日本の本屋さんやスーパーマーケット等があり、ビアードパパのシュークリームを買ったり、週末にはコスプレ姿のアメリカ人のアニメオタクを見たりすることもできます。





      移民の街の良さと言ったらやはり、それぞれのコミュニティに立ち寄れば本格的エスニックを安く食べられること! 
      ハリウッドに近いタイ・タウンでは、4,5 人のグループで一人10ドルも出せばトム・ヤン・クンなどのスープ、パパイヤサラダ、肉やエビの炒め物にパッドタイ、ココ ナッツミルクの入ったタイ・カレーをお腹がパンパンにはち切れるまで堪能することができます。


      AMI のあるエリアはコリアタウンに属しているのですが、焼肉レストランの競争の激しいこの地区では、数種類の部位のお肉が選び放題・食べ放題(キムチやナムルなど、5~6 種類の小鉢のおかずはサービス!)が9.99ドルよりスタートというところもあり、エスニックフードのファンにはたまらない魅力です。 毎週金曜日は焼肉ナイトな生徒さんも!